ファイト一発、仙台東口法律事務所 事務員です。
今回は東口を飛び出し、勾当台のクライミングジムに行ってきました。

 

スポーツクライミングは、突起物(石)のついた人工の壁を登り、
速度や到達地点などを競うスポーツで、
2020年の東京オリンピックの正式種目となったことでも注目を集めています。

よく耳にするボルダリングとは、5m程度までの比較的低い壁を自分の体だけで登る
最もシンプルなスポーツクライミングです。
今回はこのボルダリングを体験してきました。

 

大小異なる形の石以外にも、よく見ると何やら様々な色のテープが壁に貼られています。
ボルダリングでは、スタートからゴールまで、同じ色、同じ数字(あるいは記号)の
印のついた石だけを掴んで登るというルールがあります。
こちらのジムでは、シールの色・形別に初級~上級とコースが設定されていました。 

クライミングジムの説明でよく見かけるのが、登る際 “腕の筋力だけを使う訳ではない”
という文言です。
腕を使い上へ上へとガシガシ登るイメージが強いですが、
腕だけではなく脚も使って身体を上へ押し上げ、支えます。
また、背筋や腹筋(体幹)もバランスを保つために重要となります。

もちろん“筋力に自信がない…”という方でも初心者向けのコースは手軽に挑戦することができ、
また、繰り返すことで背筋など自身では鍛えづらい部位を鍛えることも可能です。
この他、柔軟性やバランス感覚なども養われます。

 

日頃の運動不足解消や全身をバランスよく鍛えたいという方、是非お試しください。

 

ページの上部へ戻る